看護師の方の一休みしながら仕事(求人)探しサイト 看津夢梨-カンツムリ

新庄優斗について

新庄優斗氏は、まだ29歳。この若さにして、いまの「和食」を考えるアイディアたっぷりの期待のシェフ。創作和食の「いろはにほ」を任され、関西を代表するお店、そしてシェフにのぼり詰めている、まさにその真っ最中の方です。

どこで修行をしたのか

その経歴も面白い新庄優斗氏。料理に触れたのは、学生時代のラーメン店でのバイトから。それまでは工業科の学校に通う、料理とは全く無縁の人生だったといいます。しかし、バイト先の店長の作るラーメンの美味しさに惹かれ、料理に興味を持つようになり、高校卒業後は調理師学校へ進学。その間、イタリアン・フレンチ・中華とさまざまな料理を学び、辿りついたのが和食だったと言います。就業先は、街の小さな食堂やラーメン店など。そんな中、紹介で大きなホテルで働く機会を得て、その際にチーフに目をかけて頂き、「いろはにほ」を任され、現在に至っています。

どんなこだわりを持っているのか

看津夢梨-カンツムリが取材に訪れたのは、大阪府にある「いろはにほ」。新庄優斗氏とお話しし、少年のように笑うこの人の手で、最高の和食が作りだされることを不思議に思ってしまいました。しかし、料理をする時の目からは少年のような輝きは消え、まさに真剣そのもの。戦うものの目です。このように、一品にかける情熱の深さこそが新庄優斗氏のこだわりなのです。

いろはにほについて

新庄優斗がおすすめする料理

トマトと旬の魚介のお刺身

お刺身をトマトと一緒に頂きます。新鮮なお刺身は、その日の仕入れに合わせ、3種類が選ばれます。それを、トマトと一緒に特製醤油につけてパクリ。今までに味わったことのない風がお口の中いっぱいに広がりますよ~。

この店のアクセス

西梅田駅より徒歩3分。駅からとても近くにあるお店です。

タグ情報

看護師の方の一休みしながら仕事(求人)探しサイト 看津夢梨-カンツムリ