看護師の方の一休みしながら仕事(求人)探しサイト 看津夢梨-カンツムリ

具志堅賢治について

どこで修行をしたのか

沖縄に行けば沖縄料理を習えると思っている人が多くいると思います。まさにその通りです。沖縄で昨年から大きな波紋を呼んでいる辺野古にその料理人がいます。名前は金平リョウカさんという今年で52歳になるおばさんです。ですが、見た目はどう見ても40代前半のキレ可愛い女性なのです。

 

どんなこだわりを持っているのか

リョウカさんがどの料理を作るにしても絶対的に守っていることがあります。それは時間です。新鮮な食材で一番重要なのは、時間だとリョウカさんは話してくれました。調味料も新鮮な食材に振り掛けるタイミングが重要なのだとも話してくれました。肉を煮る時間、焼く時間、蒸す時間、全てに関連しているのが時間なのです。

 

しーさーほについて

具志堅賢治がおすすめする料理

ラフテー

簡単にラフテーを紹介すれば、本国でいうところの豚の角煮が沖縄のラフテーですが、沖縄のものは本国のもののようにあっさりはしていません。煮込み煮込んだラフテーは極上の味がします。

 

野菜入りヒラヤーチー

聞いたことがない人が多いと思いますが形を見ればすぐに分かる人が多いと思います。これを韓国ではパジョンといい、日本ではチジミといいます。日本式の物でいえば大阪風のお好み焼きがそうなんです。

 

ソーキそば

最後に紹介しておかなければいけない物が、ソーキそばです。沖縄に住んでいない人や、興味がない人は知らない人が多いと思います。ソーキとラフテーの違いなのですが、実は同じお肉です。ですが、少しだけ形状が違うのです。ソーキはスペアリブなので骨がついています。ラフテーは骨をとっているお肉です。

看護師の方の一休みしながら仕事(求人)探しサイト 看津夢梨-カンツムリ